大五郎の24四段への道

アクセスカウンタ

zoom RSS 棋譜並べするど(13回目)

<<   作成日時 : 2008/12/07 12:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

ちょびちょびやってますよ(-_-)zz年内に14回目くらいはいきたいですな〜

今回は四間飛車、三間飛車、△一手損角換わり相腰掛け銀です。

@開始日時:2008/06/11(水)
棋戦:竜王戦
戦型:四間飛車
先手:鈴木大介
後手:郷田真隆

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀 ▲6八飛 △4二玉
▲7八銀 △3二玉 ▲1六歩 △8四歩 ▲3八銀 △5二金右
▲7七角 △5四歩 ▲4八玉 △5三銀 ▲3九玉 △8五歩
▲5八金左 △3三角 ▲4六歩 △2二玉 ▲3六歩 △4四歩
▲3七桂 △4三金 ▲6五歩 △3二金 ▲6七銀 △1二香
▲6六銀 △7四歩 ▲5六歩 △1一玉 ▲4七金 △2二銀
▲2八玉 △4二角 ▲2六歩 △9四歩 ▲2七銀 △7三桂
▲3八金 △6四歩 ▲同 歩 △同 銀 ▲6五歩 △5三銀
▲9六歩 △8一飛 ▲7五歩 △6二銀 ▲4五歩 △同 歩
▲6四歩 △6五歩 ▲5七銀 △7五歩 ▲2二角成 △同 金
▲7二銀 △8四飛 ▲6三歩成 △3三角 ▲6二と △9九角成
▲4五桂 △4六歩 ▲同 銀 △4四歩 ▲5三桂成 △同 金
▲6三と △4三金 ▲7三と △4五香 ▲同 銀 △同 歩
▲6五飛 △6四角 ▲3七銀 △5三桂 ▲6八飛 △8九馬
▲6三と △4六歩 ▲同 銀 △同 角 ▲同 金 △7九馬
▲6九歩 △6八馬 ▲同 歩 △4九飛 ▲6六角 △4六飛成
▲4八香 △3七銀 ▲同 金 △3九銀 ▲同 玉 △3七龍
▲3八銀打 △2八金 ▲4九玉 △3八金 ▲同 銀 △5七桂
▲5九玉 △6九金 ▲5八玉 △6八金 ▲同 玉 △4八龍
▲5八金 △6七歩 ▲同 玉 △7六銀 ▲6八玉 △6七香
▲7九玉 △5八龍
まで122手で後手の勝ち


A開始日時:2008/08/09(土)
棋戦:その他の棋戦
戦型:三間飛車
先手:久保利明
後手:森内俊之

▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △8四歩 ▲7八飛 △8五歩
▲4八玉 △6二銀 ▲3八玉 △4二玉 ▲2八玉 △3二玉
▲3八銀 △6四歩 ▲7六飛 △8八角成 ▲同 銀 △4二銀
▲7八金 △3三銀 ▲7七銀 △4二金 ▲8六歩 △7一金
▲5六歩 △8六歩 ▲同 銀 △9四歩 ▲5五歩 △7二金
▲7七桂 △1四歩 ▲1六歩 △9五歩 ▲7四歩 △同 歩
▲同 飛 △6三銀 ▲7六飛 △7五歩 ▲5六飛 △4四銀
▲8五歩 △4五銀 ▲6六飛 △5七角 ▲7五銀 △6六角成
▲同 歩 △7六歩 ▲6七角 △7七歩成 ▲同 金 △3三桂
▲6五歩 △7九飛 ▲8八角 △6九飛成 ▲6四歩 △5二銀
▲7九歩 △6五桂 ▲7八金 △5七桂成 ▲7六角 △7三桂
▲6六銀 △5六成桂 ▲5八角 △6六龍 ▲同 角 △同成桂
▲5一飛 △4一金 ▲9一飛成 △6五桂 ▲4六歩 △5七桂成
▲6九角 △4六銀 ▲4二歩 △同 玉 ▲6三歩成 △同 銀
▲3六角 △8一歩 ▲8二龍 △同 歩 ▲6四歩 △5二銀
▲7二角成 △4八銀 ▲3九香 △6九飛 ▲6三歩成 △3九銀不成
▲同 玉 △4八成桂 ▲2八玉 △3九角 ▲1八玉 △4九飛成
▲2二飛 △3二香 ▲5二と △同 金 ▲4九銀 △2八金
▲1七玉 △2九金
まで110手で後手の勝ち


B開始日時:2006/07/20(木)
棋戦:竜王戦
戦型:角交換腰掛銀
先手:深浦康市
後手:谷川浩司

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △3二金 ▲7八金 △8四歩
▲2五歩 △8八角成 ▲同 銀 △2二銀 ▲3八銀 △3三銀
▲7七銀 △7二銀 ▲4六歩 △6四歩 ▲4七銀 △6三銀
▲6八玉 △5二金 ▲5八金 △4二玉 ▲9六歩 △9四歩
▲7九玉 △1四歩 ▲1六歩 △3一玉 ▲5六銀 △5四銀
▲6六歩 △4四歩 ▲3六歩 △7四歩 ▲3七桂 △7三桂
▲8八玉 △4三金右 ▲4八飛 △2二玉 ▲4五歩 △8五桂
▲8六銀 △6五歩 ▲4四歩 △同 銀 ▲6五歩 △7五歩
▲同 銀 △3三角 ▲7三角 △8一飛 ▲6六銀 △4五銀直
▲6七金右 △5六銀 ▲同 金 △9五歩 ▲同 歩 △7七歩
▲同 桂 △同桂成 ▲同 玉 △7四桂 ▲7五銀打 △6六桂
▲同 銀 △6九銀 ▲7九金 △5八銀不成▲同 飛 △4七銀
▲6八飛 △5六銀成 ▲同 歩 △5七金 ▲5五歩 △6八金
▲同 金 △7四飛 ▲4五桂打 △7三飛 ▲3三桂成 △同金寄
▲6四銀 △8五桂 ▲6七玉 △4一飛 ▲5八銀 △4六角
▲5九角 △5五銀 ▲同銀引 △同 角 ▲同 銀 △4八銀
▲同 角 △同飛成 ▲5一角 △7七角 ▲7三角成 △6八角成
▲6六玉 △7二歩 ▲3一銀 △同 金 ▲6二飛 △4二龍
▲同飛成 △同 金 ▲6二飛 △7三歩 ▲4二飛成 △3二金打
▲3一銀 △1三玉 ▲1五歩 △7七角
まで118手で後手の勝ち

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
遅ればせながら、@の感想を書きます。ずいぶん前に並べて、内容を忘れていたので改めて並べてみました。先手四間飛車に後手の居飛車穴熊。鈴木八段がたぶん得意にしていると思われる、▲6六銀型の銀冠です。

じっくりした戦いになって、51手目▲7五歩と桂頭を攻めた手に対して、△6二銀を引いた手がなかなか柔らかい手で素敵だなと思いました。対して、桂を取りに▲7四歩と取り込むのでは、△7六歩▲8八角△8六歩などとされて厳しいのでしょうか。とはいえ本譜の▲6四歩に、後手に手順に△7五歩と歩を払われているようでは変調だと感じました。

先手から角切りの猛攻は迫力はありますが、後手に焦らされているような感じがどうしてもします。62手目は指されてみてなるほど。△8二飛よりは△8四飛と浮くものなのだなと思いました。当然といえば当然か。さらに64手目△3三角がうまい。
adinat
2008/12/31 07:46
68手目どうするのかと思っていたところに、△4六歩〜△4四歩。当たりを強くしてからの桂取りは手筋で、問題になったらわかるけど実戦でしっかり指しこなしたい手です。

後手の手にばかり感心していますが、80手目の△6四角もうまい手だなと感心しました。さらに86手目の△4六歩がプロっぽい手です。てっきり角を切るものだと思いました。対して、▲6四とでは先手戦い切れないのでしょうか。自分なら取ってしまいそうです。

そのあとあっさり飛を取ってしまって、94手目が銀冠攻略でよく出てくる飛打ちだなと思いました。▲6六角はやや微妙だったか。その後の△3七銀〜△3九銀はまさに光速の寄せ。さらに108手目の△5七桂〜△6九金〜△6八金が参考にしたいと思った寄せ。先手は何もできないまま寄せられてしまった感じです。

形勢は自分にはよくわからないものの、角を切らされてから終始居飛車ペースで、最後は一気の見事な寄せだと思った一局でした。
adinat
2008/12/31 07:47
AとBも並べたんだけど、やばいぐらい時間がないので、また年明けにでもカキコに来ます。よいお年を〜^^。ちなみにAはいい将棋だと思いました。Bは二回並べたけど、未だに全然分からないです。難しすぎ。
adinat
2008/12/31 07:48
@を並べてみる。
42手目△7三桂と跳ねて、相手の飛車筋の歩交換を狙って行くのは、怖いけど、居飛車持ってこういう指し方もあるのかぁと思った。

その交換で一気に桂頭が怖くなって、先手から桂頭攻めが来ましたが、52手目の△6二銀はどういう意味なんでしょうね??よく分からんかった(ι´・ω・`;)...ンー△8四飛と浮くか△同歩が普通なんでしょうかね・・・

それに対して53手目で単に▲7四歩で先手有利になりそうだけど、なにか怖い筋があるんですかね。
パッと見では△8六歩くらいでしょうか。。。そこで▲7三歩成と攻め合うのも、素直に交換して▲88歩と受けても先手が面白そうだけどどうなのかなぁ(ι´・ω・`;)...ンー

もし53手目▲7四歩で有利なら、58手目△7五歩と払われたところはなんか先手が損をしたような気もした。
だいごろ〜
2008/12/31 08:58
70手目。桂取りに行く前にいったん△4六歩として駒を吊り上げておくのがのちの攻めをつなげる手筋で、実戦で自分も指せるようになりたい手だなぁと思った。

86手目はと金寄りに対して、自分なら慌てて△3七角成としてしまいそうだが、▲同金よりの形が堅そうですね。
いったん△4六歩を入れてここで取るのがなるほど〜と思った。でも▲4八金引きだとどうするんですかね??△4五桂とか跳ねるのかな?それで攻めは続きそうか・・・

97手目▲4八香にひるまず△3七銀から決めたのはすごいなぁと思った。
これもし▲4七香なら角が39に利いてるのでまた違った展開になったんですかねぇ。。。

全体としては後手の攻めをつなぐ細かい手筋が参考になったような。。。(笑)
だいごろ〜
2008/12/31 08:59
Aを並べる。
24手目△7一金はこういう手があるのかぁと思った。居飛車としてはいつも飛車交換を受けられなくて困るんですが、これで堂々と受けられるということですかね??

そのあとも△6三銀を保留して、7一の金を7二にあがり、7筋の飛車先交換に手順に△6三銀〜△7五歩は本当に綺麗な指し回しだと思った。早石田にはいつも悩まされるのでチャンスがあればこういうのもやってみたいの〜〜

さらに飛車をいじめて浮いた金にも桂跳ねでぴったり紐がつき、なんかもう流れるような美しい棋譜だなと思うばかりでした(笑)終盤も駒得を活かして終始後手がうまくやったような感じなんですかね??
なんか面白かった。参考というより観賞用として(-_-)zz
だいごろ〜
2008/12/31 08:59
続いてBも並べる。
37手目▲8八玉に対しては△6二飛が多いのですが、本譜のように△4三金右からがっちり囲う方も勉強していこうと思う。

。。。。。。並べようと思ったけど・・・・これ難しい・・・

なんで難しいか考えてみると、これどこまでいっても定跡手順なんですよね(ι´・ω・`;)...ンー
しかも枝分かれもいっぱいあるし(ι´・ω・`;)...ンー
なのでまた別の機会に同型と合わせてこの形もしっかり勉強するということで。。。これはパス(笑)
だいごろ〜
2008/12/31 09:00
あじー>いつの間にコメントどうもどうも(*´−`*)ノ

@は▲7四歩が取り込めるかどうかのところがポイントでしたよの〜私は特に後手がよくなるような変化は分かんなかったんだけどなぁ・・・まぁ時間があれば検討してみよう(*´−`*)ノ
だいごろ〜
2008/12/31 09:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
棋譜並べするど(13回目) 大五郎の24四段への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる