大五郎の24四段への道

アクセスカウンタ

zoom RSS 棋譜並べするど(15回目)

<<   作成日時 : 2009/01/16 19:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

ペース遅いですが、地味に続けてますよ(-_-)zz

あじぃの冬休み企画に参加したのでそれを14回目にして、これは15回目ということにします。
まぁ回数増えた方がやる気もでますしね(笑)
目指せ100回だ〜〜〜(*´−`*)ノ

今週は対石田流、一手損角換わり、矢倉急戦です。


@
開始日時:2008/05/29 10:00:00
棋戦:第80期棋聖戦
先手:小阪昇
後手:糸谷哲郎

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀 ▲7八飛 △8四歩
▲4八玉 △8五歩 ▲7七角 △4二玉 ▲3八玉 △3二玉
▲6八銀 △5四歩 ▲2八玉 △3三角 ▲3八銀 △2二玉
▲6七銀 △3二金 ▲7五歩 △1二香 ▲6八角 △6四歩
▲7六飛 △1一玉 ▲7七桂 △6三銀 ▲5八金左 △2二銀
▲1六歩 △5一金 ▲5六歩 △9四歩 ▲1五歩 △4一金
▲4六角 △4二角 ▲6五歩 △8四飛 ▲7四歩 △同 歩
▲5七角 △8二飛 ▲6四歩 △同 角 ▲6六銀 △6二飛
▲6五銀 △5三角 ▲7四銀 △同 銀 ▲同 飛 △6九飛成
▲7二飛成 △7六歩 ▲8一龍 △3一金寄 ▲1四歩 △同 歩
▲1三歩 △同 香 ▲8五桂 △7七歩成 ▲2五桂 △6七と
▲同 金 △同 龍 ▲5八銀 △6五龍 ▲1三桂成 △同 銀
▲6九香 △5六龍 ▲7三桂成 △1六桂 ▲同 香 △同 龍
▲1七歩 △1九銀 ▲3九玉 △5六龍 ▲4八金 △5五香
▲2五桂 △5七龍 ▲同 銀 △同香成 ▲同 金 △7一歩
▲5二飛 △3五角 ▲4六歩 △6八歩 ▲3六歩 △6六銀
▲4七金 △4六角 ▲1三桂成 △2八銀成
まで100手で後手の勝ち


A
開始日時:2008/05/28(水) 00:00:00
棋戦:王将戦
先手:佐藤紳哉
後手:村山慈明

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △3二金 ▲2五歩 △8八角成
▲同 銀 △2二銀 ▲3八銀 △3三銀 ▲7七銀 △7二銀
▲6八玉 △6四歩 ▲2七銀 △6三銀 ▲2六銀 △1四歩
▲1六歩 △7四歩 ▲7八金 △4四歩 ▲7九玉 △4二飛
▲1五歩 △同 歩 ▲同 銀 △同 香 ▲同 香 △4五歩
▲1二香成 △3一金 ▲2四歩 △1二飛 ▲1八香 △7二飛
▲2三歩成 △4四銀 ▲2二歩 △7五歩 ▲同 歩 △7六歩
▲同 銀 △5四角 ▲2一歩成 △同 金 ▲3二と △同 角
▲7七角 △4二香 ▲6八桂 △4六歩 ▲同 歩 △2六歩
▲同 飛 △3五銀 ▲2五飛 △2四銀打 ▲2八飛 △5四角
▲2五歩 △2七歩 ▲4八飛 △2五銀 ▲5六歩 △2八歩成
▲同 飛 △2六歩 ▲3八金 △3二金 ▲5五歩 △7六角
▲同 桂 △1九銀 ▲5四歩 △同 歩 ▲1七桂 △2八銀成
▲2五桂 △3八成銀 ▲3三桂成 △4九飛 ▲8八玉 △3一金
▲5三銀 △7五飛 ▲2二角 △4一金打 ▲3一角成 △同 金
▲4二成桂 △同 金 ▲3三角成 △4一歩 ▲4三香 △5五角
▲同 馬 △5三金 ▲4一香成 △同 玉 ▲3三馬 △5二玉
▲4二角 △6二玉 ▲3四馬 △7七歩 ▲同 桂 △5二金上
▲8六金 △5五飛 ▲5六歩 △8九銀 ▲5五歩 △7八銀成
▲同 玉 △4二金 ▲6一飛 △7二玉 ▲8四桂 △同 歩
▲8三銀 △同 玉 ▲8一飛成 △7三玉 ▲8五桂打 △同 歩
▲同 桂 △7四玉 ▲5六馬 △6五香 ▲7一龍 △7二桂
▲7五歩 △8四玉 ▲8二龍 △8三金
まで136手で後手の勝ち


B
開始日時:2008/08/26(火) 00:00:00
棋戦:王座戦
戦型:矢倉
先手:所司和晴
後手:金沢孝史

▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀
▲5六歩 △5四歩 ▲4八銀 △4二銀 ▲5八金右 △3二金
▲7八金 △4一玉 ▲6九玉 △7四歩 ▲6七金右 △5三銀右
▲2六歩 △8五歩 ▲7七銀 △5五歩 ▲同 歩 △同 角
▲7九角 △2二角 ▲2五歩 △5四銀 ▲2四歩 △同 歩
▲同 角 △2三歩 ▲6八角 △6四歩 ▲5七銀 △6五歩
▲同 歩 △7三桂 ▲5五歩 △同 銀 ▲5六歩 △8六歩
▲同 歩 △6六歩 ▲同銀右 △同 銀 ▲同 金 △8六飛
▲8七歩 △8五飛 ▲4六角 △6五桂 ▲同 金 △同 飛
▲6六歩 △4五飛 ▲7九玉 △4六飛 ▲同 歩 △3九角
▲5八飛 △8八歩 ▲同 玉 △6九銀 ▲8一飛 △7一金打
▲9一飛成 △5八銀不成▲7三桂 △7二金左 ▲8一桂成 △4四角
▲7一成桂 △同 金 ▲4五歩 △3五角 ▲3六歩 △6九銀不成
▲3五歩 △7八銀成 ▲同 玉 △5七角成 ▲7一龍 △5一歩
▲6八銀打 △6七金 ▲同 銀 △7九飛 ▲8八玉 △6七馬
▲7九玉 △7八銀 ▲8八玉 △8九銀成 ▲9八玉 △7七馬
▲5二金 △3一玉 ▲5一龍 △2二玉 ▲3三金 △同 銀
▲3一角 △1二玉 ▲1三角成 △同 玉 ▲1六香 △1四歩
▲同 香 △同 玉 ▲1五銀 △1三玉 ▲1四飛 △2二玉
▲1一飛成 △同 玉 ▲1四香 △1二銀 ▲同香成 △同 玉
まで120手で後手の勝ち

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
@を並べてみた。

先手三間飛車対後手居飛車穴熊。普段は最低三回は並べることにしているのだが、この将棋はあまりにも三間飛車側の差し回しが不満なので、一回だけしか並べていない。

4手目△6二銀は個人的にはありがたい手。このときは迷うことなく▲7五歩と突きます。プロはノーマル三間にする人がかなり多いイメージがありますが、なぜ▲7五歩を早く決めないのかはなはだ疑問。居飛車穴熊にされてから石田流に組むのは少し遅い気がする。

48手目がなんなかうまい受けだと思った手。この後の捌き合いははっきり穴熊側にとって有利だと思う。端攻めも無駄な足掻きにしか見えなかった。

adinat0801
2009/01/30 00:19
つづき

70手目もうまいと思った。横からにこだわらない。ここら辺りから糸谷先生の華麗なる美濃崩し講座みたいな感じです。振り党の自分からするといらいらする感じです。76手目がうまい。そして78手目もなるほど、厳しい一着です。

どうせなら91手目ぐらいで▲1三桂成をやっておけばよかったのに、と思いました。投了図以下は、▲4九玉と逃げても△3八成銀▲同玉△2八金で詰んでいるようです。

全体的に振り飛車が非常に冴えない差し回しだなと思いました。互角に捌いたんじゃあ駄目だと思う。一応、△6三銀型(だから居飛車側は三枚)で居飛車側の金も浮いていたけれど、後手の飛車を綺麗に捌かせては、振り飛車たいそう不満だと思う。石田のメリットがない。
adinat0801
2009/01/30 00:20
Aを並べてみた。

後手△8三歩型の一手損角換わり。先手は棒銀でした。後手は右玉も匂わせているのかな、と思いましたが、24手目△4二飛。これも何度か見たことがある感じの指し方で、飛先不突きが生きているのかな、と思いました。個人的には△4五歩と伸ばされただけでかなり困ってしまいそうなので、あまり先手を持ちたくない気がします。そしてこのタイミングで銀香交換決行。先手が損してそうに感じました。

33手目は驚きましたが、35手目でなるほどと納得。40手目の△7五歩には手抜きで▲2一歩成はないのかな、と思いました。この後、△5四角が結構うまい手だなと感じました。47手目が正直よく分からなかった手。ここでこのと金を捨ててしまうのは、非常にもったいない手だなと感じました。代わる手も難しいのでしょうか。たとえば▲7七金と平凡に受けていると、△4六歩とかで困るのでしょうか。とにかくここら辺はうまくやれば先手が少しよくなりそうな感じがしました。
adinat0801
2009/01/30 00:21
つづき

▲7七角に対する△4二香がうまい受けだなと関心しました。この香はいろいろな意味でよく働いた気がします。52手目〜の△4六歩〜△2六歩〜△3五銀も感心した手順。先手の飛車をしっかり押さえ込んでいるのはさすがだと思いました。

さらに66手目△2八歩成〜△2六歩がまたうまいと思った手。▲3八金は違和感があったものの、仕方ないのか。そして△3二金が落ち着きすぎていて、すごいなあと思いました。この辺りで後手が有利になっている感じがしました。

71手目▲5五歩と突いたけれど、後手に待ってました、とばかり角を切られてしまい、△1九銀が厳しい手だなと思いました。71手目は▲8八玉とかじっと待っていても悪くなるばかりなのでしょうか。よくわかりません。さりげなく▲5四歩と突き捨てておいてから、先手の反撃もなかなかだなと思って、後手も危ないのかなと思いましたが、96手目の△5五角が冷静な攻防手で、結局無理攻めだったんだなと分かりました。ここからは後手勝勢になっている感じがしました。
adinat0801
2009/01/30 00:21
さらにつづき

106手目の△7七歩がうまい手筋だと思いました。飛車を5五で取らせたのもポイントかなと思いました。最後は打ち歩詰めできっちり余しているところはすごいなと思いました。

先手は棒銀に出たけれど、後手にしっかり受けられてなかなか大変だなと思いました。とはいえ、まったく成功していないとう感じでもなくて、と金を捨てた辺り、もう少しうまい指し方をすればいい勝負のような気もした。その後は後手の指し方がうまいなあと思った一局でした。
adinat0801
2009/01/30 00:22
Bを並べてみた。

いわゆる阿久津流急戦矢倉。26手目△7三角と引く戦い方もあると思うけど、本譜は△2二角とこちらへ。

39手目は手筋だなと思う。ちょくちょく見かける感じ。だた△同角と取られたどうするのだろうか。▲4六銀?▲6六銀右??

42手目は知らないとちょっと指せないな、と思ったなるほどの一手です。このタイミングで飛車先交換ができるのですね。とはいえ、アマチュアの戦いなら強く飛車を取る手もあるような気がしました。やはりもたないのかな。

50手目が強い引き場所だと思った。分かっていても次の△6五桂が防ぎにくい。▲4六角は、手順に△6五桂と捌かれてしまって、味がよくないなあと思いました。△6五桂に▲7三角成と取ってしまってはまずいところか?本譜はやむなしと▲同金だけど、後手がとても気分よく捌いている感じがします。そして56手目の△4五飛も強烈だな、と思いました。

65手目の▲8一飛は若干まずいような感じがしました。飛車を取られて後手が優勢なのかなと思いました。72手目の善悪はよく分からないのだけれど、玉の逃げ道を空けつつ、な手なので感心しました。

adinat0801
2009/01/30 01:23
つづき

85手目は何かあるような気がしました。▲6八香では△6七歩とされてまずいか?▲6八銀では先手勝てないのだな、とびっくりでした。

最後の王手ラッシュは見もの。98手目△同玉は▲6二飛以下即詰み。100手目△同銀は▲4一飛△2二玉▲3一銀以下即詰み。102手目△同金は▲3一銀以下即詰み。また△同玉も▲4二竜などから非常に難解なものの即詰み。というわけで、この辺りどれも間違えたら奈落の底でした。そして最後の118手目が山。△1二桂と合い駒してしまうと▲2一竜△同玉▲1三桂以下なんと頓死。投了図も先手に桂一枚でもあれば即詰み、と以外にぎりぎりなんだなと思いました。

本局は終始後手が積極的に攻めて、後手の快勝譜なんじゃないかなと思いました。並べていて面白い一局でした。一度やってみたい戦法です。
adinat0801
2009/01/30 01:23
おおおおお

あじぃどうもです(*´−`*)ノ
私も早く並べないとな(ι´・ω・`;)...ンー最近棋譜並べはさぼってて・・・・

それはそうと、私は感想書いてから読むつもりなのでまだ読んではないんですが、今回のは3つとも将棋世界の名局セレクションに載ってるやつを選びました。なのでそっちも良かったら見てみてください(*´−`*)ノ
だいごろ〜
2009/01/30 20:25
最近ちょっと棋譜並べやる気↓気味なので簡単に(笑)

まずは@を並べてみる。

28手目△6三銀、普通ここの銀と穴熊の相性はそんなに良くないと言われているが、本譜を見ていると石田に対しては形悪くてもここに上がってがっちり受けた方がいいのかなぁとも思った。右金が守りに参加しやすいですしね。

37手目の▲4六角とは私みたいに、序盤ボーっとしてるような人には機敏に見えますね。なんにもしないと次の▲6五歩〜▲7四歩が受けにくいんですね〜それに対してしっかり△4二角と受けているのもなるほどの手でしたφ(.. )メモメモ
プロだから当然なんでしょうけど、こうところの細かい攻防にも気が利くような指し手になりたいの〜〜。。。

49手目▲6五銀〜▲7四銀と捌きにいったのは気分は良さそうだが、後手にも飛車を成らせて、穴熊相手に互角くらいの捌きな気がして損得はどうなんだろうと思った。
▲6六角から、交換狙いで▲6五歩と抑えて8筋から捌くような順が私に見えたけど、たぶんだめなんだろうな(笑)けっこう角打の隙も多くてだめかな(ι´・ω・`;)...ンー
DAIGOROU18
2009/01/31 07:40
続き。60手目の局面では後手は桂損だけど、手順に穴熊も完成させて5三の角が端攻めを緩和してて指しやすいのかなという気がした。やはり先ほどの捌きがどうだったのか。。。。

73手目▲6九香車は取った香車をこんなところで使うようじゃかなり変調なのかな??どうなのかな(ι´・ω・`;)...ンー

それにしても76手目△1六桂からの寄せは本当にすごいと思った。
こんなとっからいきなり寄るんかいと思ったけど。△1九銀が取れないんですね。この寄せは覚えておきたいと思いましたφ(.. )メモメモ
その後も角を使った綺麗な寄せでした。
DAIGOROU18
2009/01/31 07:41
Aを並べてみる。

24手目△4二飛は飛車先歩突きを活かした指し方で、私もこれからやっていこうと思っていたりするような、しないような(-_-)zzなんていうか棒銀に対して腰掛け銀模様にしちゃうと受けにくいのよね(-_-)zz

32手目△3一金は指されて見ればですが、なんか一回見たことないと私は指せない気がした(笑)こうやって成香取る手があるんですなぁ〜
対して▲1八飛と回れないのは分かるんですが、普通に2一成香で桂馬と交換するのはどうなんですかね??本譜のように▲2四歩の早くていいのかな。。。どうなんざんしょ(ι´・ω・`;)...ンー

と思ったらなるほど34手目△1二飛に対して▲1八香で横に逃げるしかないからと金ができちゃうんですね。パッと見は先手持ちたいような気もするけど、後手も駒持ってるしこの局面はけっこういい勝負なのかなと思った。一度早く実戦でこういう将棋指してみたいの〜
DAIGOROU18
2009/01/31 07:42
40手目△7五歩〜△7六歩、△5四角の一連の手順は攻防の角を打つための上手い順だと思った。これがあるからやっぱり1筋からの飛車は7筋に回るのがいいのかの〜〜

50手目△4二香、51手目▲6八桂はお互いそれほど気分がいい受けではないと思うが、私はこういう受けるべきところでしっかり受けるのが苦手なので、こういう手が指せるようになりたいの〜φ(.. )メモメモ

52手目△4六歩〜飛車を捕獲しにいく手順も参考になった。陣形的にも飛車さえ取ればっていう判断なんですかね。この局面では。どうなんだろ・・・
特に手順中△2六歩と垂らして歩成をみせて、金を上がらせ飛車の動きを制限する指し方はなるほど〜と思った。

その後も先手の猛攻を受け切った後手の受けはすごかった。
DAIGOROU18
2009/01/31 07:43
Bを並べてみる。

26手目△2二角、私はどちらかというと逆に引いて相手を牽制しながら指す方が多いですが、こっちに引いて指す方も積極的にこれからやっていこうと思ってみたり。。。

38手目は△同銀とすぐしないで△7三桂と溜めるのが覚えておきたい呼吸ですよね。私はいつも直線的になっちゃうので(-_-)zz

39手目の▲5五歩はなんか呼び込んでしまってるような気もするけど、どうなんでしょうね。でも桂跳ね受けようとしても銀ぶつけられるだけだからこれでいいか。。。こういう手筋も覚えておきたいですねφ(.. )メモメモ

42手目△8六歩〜角の利きがあるから飛車先の歩交換ができるんですね、ここができるのは大きいと思った。
さらに△8五飛と引いたのが桂跳ねをみせてうまい引き場所だなぁと思った。
DAIGOROU18
2009/01/31 07:44
62手目△8八歩は気持ちよすぎる利かせですよねぇ。実戦でこういう手が指せるようになりたいもです(ι´・ω・`;)...ンー

72手目△4四角も玉の退路を確保しつつ7一に利かせてなるほどと思った。

最後必至がかかったあともすごい先手の王手ラッシュでしたが、詰まないんですなぁ〜私なら余裕で受け間違えてるなぁ〜(笑)
DAIGOROU18
2009/01/31 07:44
これは3つも将棋世界の名局セレクションに載ってるやつなのでその解説を読んでみたり。

@
ついいつい堅くしたいと思って、金は3一にいきたいもんですが、しっかり△3二金とハッチして備えるのが大事なんですよねφ(.. )メモメモ
やはり▲6五銀が疑問だったっぽいですか。ここで互角の捌きでは振り飛車厳しいですよね。。。
本当に寄せ方が参考になる一局らしい。。。(笑)

A
なるほど▲2四歩は取ると▲2二歩と打たれちゃうんですねなるほろなるほろφ(.. )メモメモそもそもその前に△1一香成の方が普通なんですか・・・確かに金引かれたとき飛車が当たらないですもんね。
私は飛車捕獲のところは後手いいと勘違いしてたんですが、▲1七桂成からの桂馬の跳躍が好調で先手良しなんですなぁ〜なるほど・・形勢判断できてない(泣)
なるほど〜この将棋は△5五角を犠打にして5三の銀払ったのがすごいしのぎだったんですなぁ〜ポイントがつかめてない私(ι´・ω・`;)...ンー

B
47手目▲同金が後手の強襲を許してしまったのかぁ。。。。ここらへんの受けは難しいですね・・
DAIGOROU18
2009/01/31 08:01
おっす。@とAは8月号ね。読みました。

@は先手が機敏だったって書いてあって、ふーんという感じ。捌こうとして失敗して一方的に負けたのかと思った。とにかく捌き合いって最善手順が難しいですよね。プロでも難しいんだろうなと思う。久保さんがプロからも憧られるというのもわかる気がする。

Aの先手の攻めは私も仕方なく暴れているようにしかみえなかった。とはいえ迫力があって、ぎりぎりになったかと思っていたが、▲2二角がまずかったですか。確かに取ったら終わりだけど、少し違和感のある手ではありましね。その前の△6五飛が横利きを消して挑発的な手だとは思いましたが。

Bは見つからず。たぶん11月号あたりかね?また探して読んでみます。▲同金で潰れちゃうんじゃあ怖いですよねえ。やはり▲5五歩から呼び込むのは危険なのかね。
adinat0801
2009/01/31 09:36
どうもどうも(*´−`*)ノ

んがんがBは11月号かな。まぁ対局月+3月号かな全部。
だいごろ〜
2009/01/31 18:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
棋譜並べするど(15回目) 大五郎の24四段への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる