大五郎の24四段への道

アクセスカウンタ

zoom RSS 棋譜並べするべさ(16回目)

<<   作成日時 : 2009/01/31 09:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 18

100回は・・・・まだまだ遠いなぁ(-_-)zz

今回は一手損角換わり▲右玉、ゴキゲン中飛車、相振り飛車です。

@
開始日時:2008/11/06 10:00
棋戦:王座戦
先手:浦野真彦
後手:畠山成幸

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △3二金 ▲2五歩 △8八角成
▲同 銀 △2二銀 ▲3八銀 △7二銀 ▲1六歩 △3三銀
▲1五歩 △6四歩 ▲3六歩 △6三銀 ▲3七桂 △5四銀
▲4六歩 △4二玉 ▲4七銀 △5二金 ▲7七銀 △7四歩
▲4八玉 △4四歩 ▲2九飛 △8四歩 ▲5八金右 △8五歩
▲7八金 △3一玉 ▲9六歩 △9四歩 ▲5六銀 △7三桂
▲4七金 △2二玉 ▲6六銀 △4二金右 ▲9七角 △9五歩
▲6四角 △8四角 ▲4五歩 △同 歩 ▲同 桂 △4四銀
▲4六歩 △9六歩 ▲3五歩 △6二飛 ▲5五銀左 △同銀直
▲同 角 △同 銀 ▲同 銀 △5四歩 ▲4四銀 △5五銀
▲5三銀打 △6五桂 ▲2四歩 △4四銀 ▲同銀不成 △2四歩
▲6六銀 △5五銀 ▲2三歩 △同 金 ▲5三銀不成△6六銀
▲同 歩 △同 角 ▲6二銀不成△3六銀 ▲6七金 △4七銀成
▲同 玉 △5七桂成 ▲同 金 △3七金 ▲同 玉 △5七角成
▲4七金 △6五角 ▲3八銀 △3九金 ▲同 飛 △同 馬
▲2七銀打 △3五歩 ▲4八銀 △4七角成 ▲同 玉 △5六金
▲同 玉 △4八馬 ▲4四角 △3三桂 ▲同桂成 △同金上
▲5二飛 △3二桂 ▲3三角成 △同 金 ▲3四桂
まで107手で先手の勝ち


A
開始日時:2008/10/20(月) 00:00:00
棋戦:棋聖戦
戦型:中飛車
先手:山崎隆之
後手:谷川浩司

▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △5四歩 ▲2五歩 △5二飛
▲2二角成 △同 銀 ▲9六歩 △9四歩 ▲7八銀 △6二玉
▲4八銀 △7二玉 ▲4六歩 △3三銀 ▲6八玉 △8二玉
▲7九玉 △2二飛 ▲4七銀 △4四銀 ▲8六歩 △7二銀
▲8五歩 △6四歩 ▲8七銀 △6三銀 ▲7八金 △7二金
▲5八金 △7四歩 ▲7七桂 △3三桂 ▲3六歩 △2一飛
▲3七桂 △4二金 ▲2九飛 △7三桂 ▲8六銀 △5五銀
▲8七金 △6五歩 ▲9五歩 △同 歩 ▲同 香 △9三歩
▲3五歩 △6六歩 ▲同 歩 △同 銀 ▲3四歩 △9四歩
▲3三歩成 △9八角 ▲8八玉 △8七角成 ▲同 玉 △9五歩
▲6七歩 △9六金 ▲7八玉 △8六金 ▲6六歩 △7五歩
▲6八玉 △6七歩 ▲同 玉 △3三金 ▲5六歩 △7六歩
▲5七玉 △7七歩成 ▲4二角 △7六金 ▲7四歩 △3二金
▲7三歩成 △同 金 ▲5三角成 △6四銀打 ▲2六馬 △4四桂
▲7八歩 △同 と ▲9四歩 △7二金 ▲6五桂 △3四香
▲4五桂 △3六歩 ▲同 銀 △6五銀 ▲同 歩 △3六香
▲5三桂成 △5五歩 ▲3七歩 △3四桂 ▲3六馬 △同 桂
▲4七玉 △2八銀 ▲6二銀 △7三歩 ▲6三成桂 △同 金
▲7四桂 △同 金 ▲7一銀打 △同 飛 ▲3六歩 △3八銀
▲同 玉 △2九銀不成▲同 玉 △3七桂
まで118手で後手の勝ち


B
開始日時:2008/07/25(金) 00:00:00
棋戦:王将戦
戦型:相振飛車
先手:橋本崇載
後手:広瀬章人

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △3二飛 ▲7七角 △6二玉
▲8八飛 △7二玉 ▲8六歩 △3五歩 ▲8五歩 △3四飛
▲7八銀 △2四歩 ▲6七銀 △2五歩 ▲2八銀 △5二金左
▲4八玉 △4二銀 ▲5八金左 △2四飛 ▲3八玉 △1四歩
▲1六歩 △3三角 ▲5六銀 △8二玉 ▲4六歩 △7二銀
▲4八金上 △5四歩 ▲3六歩 △同 歩 ▲4五銀 △6四歩
▲3六銀 △4四角 ▲8四歩 △同 歩 ▲8五歩 △3五歩
▲4五銀 △2二角 ▲8四歩 △5五歩 ▲5六歩 △3三桂
▲5五歩 △4五桂 ▲同 歩 △7四銀 ▲4七金左 △5五角
▲9五桂 △8六歩 ▲同 飛 △8五歩 ▲8八飛 △6五歩
▲3七銀 △9四歩 ▲7五歩 △同 銀 ▲8三歩成 △同 銀
▲同桂成 △同 玉 ▲8五飛 △8四銀 ▲6五飛 △3七角成
▲同金寄 △6四銀 ▲8五歩 △9三銀 ▲6四飛 △同 飛
▲8六角 △6六飛 ▲8四銀 △7二玉 ▲7五角 △6九飛成
▲4七角 △3九飛 ▲2八玉 △8四銀 ▲同 歩 △8二歩
▲6四歩 △3六歩 ▲同 金 △2四桂 ▲6三銀 △同 金
▲同歩成 △同 玉 ▲6四歩 △5二玉 ▲6九角 △同飛成
▲5三歩 △4一玉 ▲2一飛 △3一歩 ▲2四飛成 △3九銀
▲1八玉 △7四角 ▲5二銀
まで111手で先手の勝ち


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
3MK 第13回早王戦2回戦
12月6日(土)、早王戦の2回戦がありました。お相手はsakie no chichiさん。初手合いです。中飛車党だと思っていたので、相振りか居飛車のど&... ...続きを見る
あじブログ
2009/01/31 09:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
ならべる前にコメント。Aはあれだね、確実に名局セレクションにあったやつだね。三回ぐらい並べたから覚えている。実はこれちっちさんと3MK早王戦でやる前に並べて、対中飛車としてやってみようと思ったのよね。銀冠阻止に早めに▲8五歩と位を取る作戦だったね、確か。でも、ちっちさんは早囲い(おっさん囲い)しかしないと聞かされて、後で無駄だったと知ったけどね。

せっかくだからTBしときやした。また並べてから感想書きに来ますの〜。
adinat0801
2009/01/31 09:42
おおおおお〜さすがあじぃよくやってますな( ̄□ ̄;)!!

ですです今回も@とAは名局セレクションのやつです(*´−`*)ノ
だいごろ〜
2009/01/31 18:29
@を並べてみた。

後手一手損角換わりの後手完全飛車先不突き型。前回並べたのは先手の棒銀に後手が四間飛車で迎え撃つ一局だったが、本局は先手右玉に。

11手目が少し早い感じの端歩突きだが、後手も悩ましい感じ。受ければ先手は居玉のまま早繰り銀に出れる(▲6八玉をする必要がない)ので、通常の早繰り銀より一手早くなる。しかも後手は飛車先を突いていない。ので、受けにくいということなんでしょうかね。受けなかったので右玉に。

35手目辺り。この形は▲5六歩とか突いていく感じなのかなと思いきや、腰掛銀に。右玉で腰掛銀はちょっとやりにくいかなと思ったのだが、さらに▲4七金。佐藤棋王みたいな差し回しだなと思った。
味夏
2009/02/06 22:54
つづき。

さて上部が手厚くなったものの先手はどこから仕掛けるんだろうと思いきや、41手目▲9七角の端角は意表の一手。一目悪手っぽいのだけれど。△6二飛は桂頭を狙って▲7五歩か?△6三銀と受けられたらどうするのだろうか??疑問が尽きない。動けなくて仕方なく打開を狙って打った角なのだろうか。どう考えても好手とは思えない。とすると右玉失敗だったのだろうか。

50手目△9六歩が冷静な手だと思った。次に角を殺しに行く狙い。先手も防げないから玉頭戦へ。52手目は飛車が回ったが、駒得狙いで△6三歩もあるのかなと思った。ここに歩を打つのでは重過ぎる感じで、プロは指さない類の手だろうけれど。

55手目は悩ましい。▲同銀かなあと思ったけれど、角で行った。よく分からない。さらに58手目△5四歩。取ってくれれば5筋の歩が切れるという意味か?しかし銀を呼び込んで後手も怖いなあと思う。

60手目△5五銀。この辺りからの攻防は非常に見所が満載。ただ、とにかく難しいと思った。62手目も迫力満点。67手目もこの辺りで受けるのかあ、という感じだった。
味夏
2009/02/06 22:55
さらにつづき。

一息ついた76手目△3六銀はなるほどと思った。参考になる手。その後がすごかった。まずは85手目、しっかり金で受けて、89手目はあっさり清算してしまって、91手目がしぶとい手だなと思った。92手目は△7八飛などと入れておくのはまずかったのだろうか。△3五歩はやってみたくもあるけど、いまいちどうなのかな、と思った。94手目〜96手目は暴発なのかな。

100手目は△3三銀のほうがよかったかな、と思ったがどうだろう。104手目からの即詰みはほんとうに見事だった、綺麗の一言。投了図からは、△同金には▲2一金△同玉▲3一金△同玉▲4二金△2二玉▲3二金△2三玉▲2二金△3三玉▲3二飛成△4四玉▲4二竜△4三合▲5三銀不成まで。

本局は、右玉にしたものの、先手が若干手詰まり気味になって、▲9七角と打ってみたけれど、あまりよくなかったかな、という感じの一局でした。先手はひたすら受けて、最後の即詰みは見事でした。後手はもう少しよい寄せがあったような気もします。
味夏
2009/02/06 22:55
Aを並べてみた。

ゴキゲン中飛車新丸山ワクチン。将棋世界の名局セレクションに載っていたので、何度か既に並べていますが、もう一度並べなおしました。

序盤の20手目あたり。△7二銀を保留して、△2二飛。この辺りの駆け引きがあったから、▲8五歩をやったのだろうか。この手はかなり欲張った手で、後手の銀冠を阻止している。△7四角が嫌な気もするが、さすがに筋違い角はよくないでしょうか。

40手目辺りまでは無難な進行。ここからの先手の構想が面白かった。実はこれがやってみたくなって、一度ゴキゲン使い相手に居飛車を持って指したことがあります。ただし、美濃ではなく早囲いにされましたが。▲8六銀〜▲8七金と端を堅めておいてから、▲9五歩。何が狙いなのか分かっていなかったですが、一歩補充しての桂頭攻めでした。これがなかなか厳しくて、面白いなと思いました。しかも▲7八玉からの地下鉄飛車も含みになっている気がしました。
味夏
2009/02/06 22:56
つづき。

56手目、谷川九段の△9八角は仰天の手。金が当たっているこの瞬間に、単純に△同金などではダメだとする感覚がさすがだと思いました。しかも先手の銀も助からない感じで、十分に成立してそうでした。

61手目▲6七歩はもっといい手があるような気もしましたが、こんなところですか。66手目の△7五歩はここがなるほど急所ですか、という感じ。この辺りは後手がうまくやっていて、互角のいい勝負なのかな、と感じました。また68手目の△6七歩は悩ましい歩だな、とも。さすがです。
味夏
2009/02/06 22:57
さらにつづき。

70手目〜80手目の攻防は何となく渋いなあと思いました。▲5六歩から右に逃げていくところとか、▲4二角を打っておきながら、金は取らずに▲7四歩を利かせたりとか。82手目は粘りのあるよい受けだなと思いました。言われてみれば自然なんだけど、自分ならノータイムではまだ出てこないです。84手目も感触のよい手。馬道を止めつつ、△3六歩などを狙う感じか?

87手目▲9四歩はなんだかよく分からない、不思議な感触の手でした。その直後の金引きもプロらしいというか。アマチュアにはなかなかさせない類の手。形を整えて手を渡す感覚がかっこいいです。善悪はぶっちゃけ自分には分かりません。

この後の桂打ったり、香打ったりは、ふーんという感じ。どっちがいいのやらさっぱりですが、何となく後手がうまくやっている感じがしました。94手目の△6五銀と桂を取っちゃったのはよいタイミングなのでしょうか。先手も何か手段があるような気もしますが。
味夏
2009/02/06 22:58
もっともっと続き。

99手目歩で止めたのが、少しぬるかった感じもしたりしますが、どうなんでしょうか。攻め合いたい感じもするところですが、間に合わないかな、とも。この辺りはまったくよく分かりません。馬取られちゃって、後手が優勢なような気がしました。

105手目▲6二銀はさりげなく詰めろ。さりげなくもないでしょうが。△7三歩は冷静な手なのかな、と思いました。△同金でもいいような気がしたのですが、どうでしょうか。

最後の▲7一銀打と捨ててから手を戻したところ、意味不明でしたが、どうしようもない感じでしたか。ラスト△3八銀以下、綺麗に詰ませたなと思いました。▲3八玉には△2六桂打がわかりやすいかな。

全体を振り返って、先手の端で一歩手に入れて桂頭攻めをする構想が面白い一局でした。そのあとの後手の反撃は見事。先手がうまくやっていれば、少し先手がいいような気もしました。
味夏
2009/02/06 22:58
Bを並べてみた。

先手向飛車vs後手三間飛車の相振り。序盤の後手の指し方は結構面白いと感じた。何となく、先手は二枚金をしいられたように感じた。

29手目からの先手の手作りは面白い。うまく3筋の位を解消しちゃったな、と思った。さらに39手目からの継ぎ歩がなるほど、と思った。最初並べたときはまったく気づいていなかったのだが、▲3五銀からの十字飛車を狙っているんですね。このあたりは、若干先手の陣形は不安なものの、先手がうまくやっているように見えました。

52手目、△7四銀と先に受けたけれど、打たなければ具体的にどう駄目なのかはよく分からなかった。プロは先受けがうまい。56手目の△8六歩は一手を稼ぐ技ですか。

先手の61手目▲3七銀も落ち着いているな、と思った。△2八角成とこの位置で角を切られるのは少し嫌な感じなのだろうか。△9四歩の催促を待ってから、というのがなかなかだな、と思った。
味夏
2009/02/06 22:59
つづき。

大捌きのあと、75手目が細かいながらも参考になった手。79手目は怖くて自分ではできない類の手で、81手目取るとたぶん王手飛車含みでまずい、で、さらに83手目〜85手目の角がすごい。とても受け切れている気がしないが、何とかなっちゃっている感じだった。

90手目はじっと△8九竜とかしている余裕はなかったのだろうか。そういうことをしても▲4九銀などで困ってしまうのだろうか。このあたりはうまくやっていれば、後手がいいような気もするのだけれど。

その後は、後手の△3六歩〜△2四桂が失敗だった。うまく王手で抜かれてしまう。投了図以下は、たぶん即詰みはないので、△同角▲同歩成△同金などとなるのかと思うが、角が動くと先手の詰めろが消えて、見込みなしということか。でも先手を自分が持てば、まだ一波乱ぐらいありそうだ。一回受けとくところかな?

全体的に、先手がいろいろとうまい手を指していた気がするが、いつのまにか後手がよくなっていたように思った。そして終盤うっちゃった、って思ったがどうなのだろうか。なかなか面白い相振りの将棋でした。
味夏
2009/02/06 22:59
ここのブログのコメント500文字制限何とかならんのかね?
味夏の苦情
2009/02/06 23:00
@を並べてみる。

先手右玉にもかかわらず。35手目▲5六銀〜▲4七金と動いていく構想がすごいと思った。玉の広さと角の打ち込みの隙のなさ、飛車の転換狙いで勝負ということなんでしょうかねぇ。。。

41手目▲9七角は金が寄った瞬間に機敏っぽく見えるが打ちにくそうだなぁと思った。でも△6三銀なら▲5五銀右左として一歩得して捌けて良しということなのかなぁ。むずいのぅ(ι´・ω・`;)...ンー

さらに45手目▲4五歩からもうガンガンいってる感じですの〜ちゃんと指せば後手が良さそうな気もするけど、先手も手厚くて難しいんですかの。よく右玉の桂馬は守りにもよくきくと聞きますが、こういう展開では負担になる前にとっとと捌くのがいいんですかねぇ〜

55手目はなんで▲同角なのかと思ったら銀だと歩で角が死ぬから??でもそれは▲4四銀と出て、△6四歩、▲3四歩が相当な気がするけど。。。。▲同銀だと何がいけないのかなぁ〜△6四飛車と切る手があるからかな??確かに後手陣は横からには強そうだけど。。。どうなのかなぁ・・・(-_-)zz
だいごろ〜
2009/02/14 09:31
58手目△5四歩〜△5五銀が上手い手順だと思った。歩を払うと△5四歩が厳しいから取れないんですなぁ〜勉強になる手順でしたφ(.. )メモメモ
62手目△6五桂馬と気分よくいったところは、後手が指せるんですかねぇ〜私にはそう見えるけど謎だな(-_-)zzでも今最後まで見たらこれ先手勝つのか(笑)私ダメダメ(;^_^A

76手目△3六銀が厳しい手だと思うが、対して盤上の駒を活用しての▲6七金が上手い受けだと思った。私もこういう手が指せればの〜φ(.. )メモメモ
その後の先手の駒を丁寧に埋めていく受けも参考になった。私ケチだからこういう受けが苦手でね(-_-)zz

最後の寄せも金の数がぴったりで綺麗でした。しかしこれで先手勝てるもんか〜という1局でした。。。

んで解説を覗いてみる。
なるほど55手目のところは、▲同銀だと△4五銀からの猛攻があるんですなぁ〜全然見えてないなぁ。。。

△6五桂馬と気分良く跳ねたのが悪手というのは意外でした。△5三同金から、銀で食らいつくのが正解ですか・・・難しいですね。
だいごろ〜
2009/02/14 09:32
Aを並べる。

▲8五歩と位を取って指すのは私も好きですが、41手目▲8六銀〜▲8七金がすごい構想だと思った。
△6五歩と薄くなったところを狙われてとても先手もたなそうですが、端から強引に仕掛けて桂馬を取りに行くんですなぁ〜

56手目△9八角は駒損の攻めで食らいついてはいそうだけど、もう少しいい手が他にあるような気がしないでもないけど・・・わからんな(笑)
でもそうか・・・と金払うくらいだと6七に歩打たれちゃうし、後手も急いで攻めないと忙しい展開なんですね。

71手目▲5六歩。棋譜並べをしていていつもこういう手には感動するというか、本当に参考になる。たぶんそれは私が苦手な部類の手だからですかの〜懐を広げて本当に価値の高い一手だと思った。
だいごろ〜
2009/02/14 10:13
75手目▲4二角〜▲7四歩は両取りに打っておいてどちらも取らないのがプロっぽいかとも思ったけど、やっぱり3三の金が取れない展開ではちょっと先手苦しいんですかね?どうなのかな・・・(ι´・ω・`;)...ンー
△6四銀とがっちり受けてからの、△4四銀が攻防でここはもう後手が勝てそうなのかな??どうなのかな(-_-)zz

最後はうまく反撃された感じでしたが、なんとなく先手の構想もうまくはいってるように見えた1局でした。でも実際は・・・・知らない(笑)

ちと解説を覗く。
なるほど構想というかそもそも▲8六銀自体は桂交換されるので必要な一手なんですね。分かってないなぁ(笑)

67手目の早逃げが悪手とは意外でした。普通に金とって良かったんですね。それは見えたとしても7六の歩を取り込ませて、7五に角打のスペースができるという視点が難しいと思った。

馬筋遮断して後手が勝ってるのかと思ってたら、先手が勝ってるんですね〜わからんかった・・・でもなんか111手目▲5三角の詰めろは私レベルだとまだ分からなくてもいいような気がしたので飛ばそう(笑)
だいごろ〜
2009/02/14 10:14
Bを並べてみる。
まぁ相振りなのでサクッと(笑)

22手目△2四飛のところは、3筋の歩を切らないで、2筋に回るのがなるほろと思った。切ると手順に矢倉に組み替えられたりするのが不満なのかな??どうなのかな??(-_-)zz

27手目▲5六銀〜4六歩はコビンが空いて怖そうですが、その後の▲3六歩〜▲4五銀として組み換えを狙うのが参考になる手順でしたφ(.. )メモメモでも実際やるとなると自分の玉頭の歩をどんどん突いて行くのはすごいですね。。。

さっきのところでは組み換えと同時に一歩を入手するのが大きいんですね。41手目▲8五歩の継ぎ歩を見てなるほどでした。これも参考になりまふφ(.. )メモメモ

55手目のところでは、銀桂交換でも、後手は取った銀を受けに使わされて先手好調なんですかのぅ??わからんのぅ(ι´・ω・`;)...ンー
だいごろ〜
2009/02/15 17:54
63手目7五歩とかはなんか細かいけど、銀を取るなら7二の方が特ですもんね。こういう細かいポイントを挙げる手が指せるようになりたいの(-_-)zz

71手目▲6五歩は普通に下に引いた方が良さそうにも見えるけど、どうなんですかね・・・△8五歩、▲7六桂とかでだめかの・・・でも飛車は取らせても十分と読みきってるんでしょうなぁ〜

終盤は二枚飛車の攻めがかなり怖そうでしたが、▲1八玉を切り札にしつつ、竜を質にしながら、91手目▲6四歩や103手目▲5三歩とうまく拠点を作りながら攻めた手順が参考になりましたです。

先手の橋本さんのうまい指し回しが参考になった1局でしたφ(.. )メモメモ
だいごろ〜
2009/02/15 17:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
棋譜並べするべさ(16回目) 大五郎の24四段への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる